近用単焦点レンズ

【単焦点レンズとは?】
単焦点レンズは、レンズの全面に単一の度数を有するメガネレンズです。単焦点レンズは、近くを見る時、または遠くを見る時の視力を矯正するために使うことができるので、遠用メガネと老眼鏡の両方の基礎になっています。

【近用単焦点レンズとは?】
近用単焦点レンズ(老眼鏡)は、単焦点レンズ の装用者の読書距離(一般的に30 ~ 40 cm)に合わせて作られます。近用単焦点レンズは本を読むことを楽にし、またスマートフォンやタブレットの小さい文章・文字を書くことなどに使います。

その名の通り、近用単焦点レンズは焦点が一つしかなく、30~40cmの距離にしかピントが合いません。

正視・近視・遠視・乱視のいずれの眼も、40代になると少しずつ老視が加わりピント調節力が低下していきます。近用単焦点レンズは、主に手元に焦点を合わせるので遠くのものが見えません。パソコンでの作業の場合、キーボードは見えてもモニター画面にはピントが合わなくなるので、近用作業の用途に合わせ、複数の近用単焦点レンズを使い分けるか、中近用レンズ・近々用レンズを使用して、使用距離にピントを合わせる必要があります。

 

             

 

 オススメ!【 近用単焦点レンズ 】

PAGE TOP