ブログ

S-13.00Dの私がお伝えする! 強度近視で”がっかりしないメガネ選び” 〜目が小さく見える編〜

こんにちは、アオイノメガネの古田です!( ´ ▽ ` )

 

最近ご相談が増えている

「強度近視で”がっかりしないメガネ選び”」

 

私たちがご提案しているのは

「自分が思うより少し小さくて、少し派手なメガネはがっかり度合いが少なくなります!!」

ということです。

 

 

今回は強度近視のメガネを掛ける方にとって永遠のテーマ

「目が小さく見える問題」

についてお話ししていきます!

その他のテーマはこちら↓

・「レンズの厚み編」
・「掛け比べ編」
・「コバ磨きとウズ編」
・「フレームサイズ選びのコツ編」

 

レンズサイズの小さいフレームを使うことで、レンズの厚みを抑えることはできます。
(詳しくは上記の「レンズの厚み編」をご覧下さい!)

しかし、近視矯正の凹レンズは《ものを小さく映す=目が小さく見える》

こと自体は変えられません( ;  ; )


ではどうすればいいのでしょうか??

 

以下のメガネは同じ度数(S-13.00D)、同じ屈折率(1.74)で作った私のメガネです。
それぞれレンズサイズが違います。

左側ベージュメガネ:サイズ49mm
右側赤いメガネ:サイズ42mm

実際に掛けてみます↓↓↓


比べて見ると、なぜか写真右の方が目元がくっきりと見えませんか??

 


左のフレームは顔に対してレンズが大きめで薄い色(馴染む色)のフレーム。

広い肌色の中に、小さな黒い点があるようになってしまって、目がより小さく見えてしまいます。

矢印の輪郭の凹みも目立ちます。

また、フレームが薄い色なので、レンズの厚みや目の小ささなど、人に見られたくない部分が却って目立ちやすくなります。

 


右のフレームは、レンズが小さく濃い色のフレーム。

輪郭の映り込みがかなり小さくなっていますね。
目の周りをぐるりと囲む濃い色のフチは、アイラインのように目を強調してくれています。

 


これは【エビングハウス錯視】と呼ばれる目の錯覚。

これを目とメガネにあてはめて考えると、

レンズが小さく、フレームと目の間の空間が狭いフレームの方が、目が大きく見える
というわけです。

 

さらに、メガネの縁の色が濃い程、アイライン効果が増します!

 

 

もう一つ、実際に掛け比べてわかるのが、

「レンズサイズの小さいフレームの方が、輪郭の凹みが小さい!」

ということです!

フレームが顔の輪郭内に収まることによって、凹んで見えるのを軽減しています。

 

 

 

「少し小さめのフレーム」
     +
「少し派手なデザイン」

     ↓↓

 『目元がくっきり!』

『レンズの厚みが抑えられる』

『輪郭の凹みが目立ちにくい』

 

これを押さえてメガネを選んでいけば、

「強度近視でもがっかり度合いの少ないメガネ」が作成できます\(^^)/

 

お店には強度近視の方におすすめなフレームをたくさんご用意していますので、

ぜひ一度ご相談下さい!

 

【WEB予約のご案内 】
アオイノメガネでは『1級眼鏡作製技能士』が専門的な知識と技術をいかして、
どんな見え方が最適か、多方面から分析します。

〜WEB予約でお客様だけのゆったりとしたお時間を〜
・お一人お一人じっくりカウンセリング
・あなたに”一番ちょうどいい見え方”のご提案
・個性を引き出すメガネセレクト

アロマの優しい香りのするリラックスした空間で、『あなただけのメガネ選び』をお楽しみいただけます。

ぜひWEB予約をご活用ください。

WEB予約↓↓↓
https://aoinomegane.com/reserve

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


アクセス

〒335-0004
埼玉県蕨市中央3−14−17 1階

営業時間:10:00 – 18:00
(当日ご予約がある場合は19:00まで)

定休日:月曜日+第3日曜日

最近の記事

過去の記事

カテゴリー

Twitter でフォロー

PAGE TOP